医療訴訟をして弁護士と納得いく解決策を考えよう

スーツの集団

よく聞く医療訴訟

誰にでも起こりうる医療事故。

医療事故に関連するようなニュースを見かけることがあります。 私たちも被害者になる恐れは、絶対ないとは言い切れません。病気や怪我などで手術することがあるかもしれません。 もし、医療事故を疑うようなことが起こればどうしたらいいのでしょうか。 医療事故が起これば、医療訴訟を起こす可能性があります。その時のために、しっかりと自分で準備することです。 基本は、記録を残しておくことになります。医師の説明、診療内容、病院にかかるまでの症状、事故発生前後の状況、術後に予見される詳細の説明などです。 医師から説明を受ける際は、感情的にならず冷静さを保ちます。この時も記録に残します。 また、時効というものが設定されているので早期に弁護士相談することです。

医療訴訟に対する意識の変化。

以前は、医療訴訟はあまり多くありませんでした。それは病院や患者の意識が、今とは異なっていたからのようです。医師の機嫌を損ねるのは良くない、患者は弱い立場といったものがありました。 しかし、現在は時代の移り変わりとともに医療に関する意識は変わってきています。患者の権利に対する意識が高まっていること、インターネットの普及により医療事故ではないかと疑うに足りる情報を得やすい環境などにより、医療訴訟の件数が多くなったともいわれています。 もし医療訴訟を起こす場合は、弁護士に依頼することになります。医療関係に強い専門の弁護士は多くいます。 全国には、医療訴訟に詳しい弁護士の相談窓口が設置されていることもあり身近な問題でもあるようです。早めに相談する必要があるため、近くの相談窓口を利用してみてはどうでしょうか。

医療訴訟は増加している

かつて医療訴訟は現代のように多くはありませんでした。今のように医療技術が発達していなかったころ、医師の権力は大きなものでした。病気で多くの人が亡くなっていた当時、患者にとって医師は病気を治してくれる存在であり、畏敬の対象でした。しかし今は医療の進歩により、かつては治らなかった病気も治るようになりました。多くの人が治ったのになぜ自分だけ治らないのか。そのような思いから医療訴訟は増加していきました。大きな病院では医療を組織化、細分化しています。その中で患者の治療を何人かの医師で分担しています。そのような医療体制の中で、患者は自分が大切にされていないのではないかと感じ、医療ミスを疑ってしまうという背景があります。

今後の医療過誤について

医療過誤による賠償は法律により高くなっています。それにともなって、医療訴訟の数は増えています。しかし弁護士にとって医療訴訟は難しいと言われています。それは医療過誤の立証が難しいからです。病院の手術室、診察室などの密室で治療が行われているためです。さらに病院側は医療過誤を隠そうとします。それらに対抗するため、弁護士は医療の知識が必要になります。さらに証言をとるためのネットワークを持っていることも大切です。医療訴訟で弁護士に頼む場合は、弁護士の技量をよく確かめて依頼しなければいけません。医療訴訟で病院側が医療過誤を認め、患者側が勝訴する事例も多くなってきました。今後も医療訴訟は増えていくでしょう。

contents

様々な取り組み

昔に比べても医療訴訟の件数は年々増え続けており、年間でも千件を超えると言われています。医療裁判をする場合は専門の弁護士に相談することから始まりますが、今では多くの弁護士が無料で相談を受け付けています。

詳細を確認する

医療ミスは身近に

日常生活の中でもし医療施設の過誤によって医療ミスに遭遇してしまった場合、医療訴訟を考える必要があります。医療という特殊な分野で訴訟を起こすのであれば弁護士の専門知識が必要となります。

詳細を確認する

訴訟準備をする

医療訴訟をする時には裁判からデータ集めなど様々な労力を必要で、それも勝訴する為の行動になります。訴訟すると決めたら弁護士にかかる費用から弁護士の情報を収集しておく必要があります。

詳細を確認する

費用負担を軽減する

医療訴訟をする時には弁護士費用から裁判まで様々部分にお金がかかります。その費用も数百万円すると言われているので、弁護士に依頼する時には公的援助ができるか調べておくと良いでしょう。

詳細を確認する

特殊な分野を理解する

医療訴訟は弁護士にとっても専門的な知識がなければ難しい案件と言われているので、弁護士選びからしっかり行うことが肝心です。ここでは弁護士選びのポイントをいくつか紹介します。

詳細を確認する

Copyright © 2015 医療訴訟をして弁護士と納得いく解決策を考えよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com